神様と地球外生命体
神様と地球外生命体

神様と地球外生命体




神様の世界とは

高次元の天使や守護霊さんや

龍神や天狗など

ぼんやりと見える方がいても

ハッキリとは見えない世界です



映像で見えるようになったら

怖がられるのか?

当たり前になり

ありがたくもなく不思議な存在でも

なくなってしまうのか(。´・ω・)?



宇宙人と言われる

地球外生命体もいるのかいないのか

映像を流し

大々的には発表される事もなく

微妙な存在で

ハッキリとはしない謎の世界の存在



宇宙人と言っても

地球は宇宙の中の惑星の1つなので

他の惑星から見たら人間も

宇宙人とも言えるのではないのかなと

思っているのですが・・・



目には見えない世界なので

ハッキリとはしないのですが

本日の内容はあくまでも

私の感じている事として書いています




生命体とは

生きていて実態があるものを言うけれど

高次元の方たちは実体はなく

亡くなった人の魂と同じエネルギー体です



高次元の方たちは

不思議な現象を起こす事が出来る

能力の持ち主ですが

高度な文明の地球では作れないような技術の

乗り物がUFOでそれを

作ったのは

地球外生命体と呼ばれる者たち



高次元の方たちは

空気も水も必要のない世界で

実体はないけれど感情を持っていて

言葉ななくても

テレパシーのようなもので会話をするので

耳から聞こえるのではなく

頭の中に聞こえる感覚でした



宇宙人と呼ばれる地球外生命体も

空気や水が

あるかも分からない世界の者たちで

生命体と言っていいのかちょっと微妙で

もしかしたら感情を持った

エネルギー体で

実体化した者たちなのかなと思っています



高次元の方は

人には出来ない事を現象として

見せて来る事もあるので

どのような事が出来るかは

想像も出来ないのですが

おそらく

実体のある人間になる事が出来たり

神様のような姿を見せる事が出来たり

龍神や天使のような姿にも

人間のような姿にも宇宙人と呼ばれる

地球外生命体のような姿にも

変えられるのが

高次元の者たちではないかと思っています



神様とは

地球外生命体と呼ばれる存在でもあると

私は思っています

人間とは次元が違う世界に住む

存在がいる事を知って欲しいから

私たちの身の回りで不思議な事が起きたり

UFOをあえて目撃されるようにしたり

宇宙人の遺体で存在を示しているのかなと

思うようになりました



そもそも瞬間移動が出来る

高度な文明の者たちならば

UFOが墜落したとしても

人に存在を知られたくなかったら

気付かれないうちに回収することぐらい

出来ると思うんです



なぜ人間以外の存在がいる事を

あえて

知らせる必要があるのかなと

考えてみたのですが



宇宙は広く様々な惑星があり

まだ人には発見されていないような

惑星があるのかもしれません



ですが地球ほど

水や植物や生き物たちが多種に渡り

生活する豊かな地球のような惑星は

他にはないのかなと・・・



人が地球に存在しなければ

ジャングルのような

緑に覆われただけの惑星になり

人が生活する事によって適度に景観が保たれ

他の惑星の地球外生命体?神様?が


人間という動物を作り

地球の環境を管理するため

美しい惑星を守ってもらおうと

人をサポートするようになったのが

人から神様と呼ばれる存在になったのかなと

思うようになりました



ですが

人口が増えるほどに

水が汚染されていきゴミは増え

植物の木々が減っていく・・・



野生動物の乱獲により

絶滅してしまう動物もいて

地球の景観に明らかな異変が起き

そのような姿を

他の惑星から見た存在たちが

このままでは他の惑星と同じような

姿になってしまうと

注意喚起をするようになったのが

地球に天災が多くなった

理由なのかなとも思っています



それでも人間が

危機感をあまり感じずに

地球の環境の悪化が止まらないために

警告として自然へではなく

人へ直接影響が出るようになったのが

世界中に広まった

コロナなのではないかとも思っています



高次元の方や

地球外生命体と呼ばれる者たちは

地球や人に危害を与えたいのではなく

地球という惑星が

どれほど美しいのかを知って欲しいと共に

自分達の幸せのためにも

美しい地球を守り生活を送って欲しいと

願っているのではないかと思います


そうでなければ人を見守り

サポートなどしないはずです


地球外生命体の世界は

人間の世界よりも

はるかに高度な文明が発達していて

地球を滅ぼそうと思ったら

一瞬で地球が火星のようにも

出来るのかもしれないです



はっきりとはしない

地球外生命体の存在を

人間が恐れる相手でもあった者が

崇めるような対象になり

神様と

呼ばれるようになったのではないかなと

思うようになりました


今と昔とでは神様の印象や

存在の意味が

ちょっと変化してきたと思っていて

祀ったり崇拝するような対象から

人と神様は協力関係にあり

昔より近い存在になったと感じるのは

私だけでしょうかね



守護霊さんに今回の話を確認したのですが

守護霊さん:どうかしらね😊


としか答えてもらえず

真相は教えてもらえませんでした


信じるか信じないかは

あなた次第!


と言った感じに

なってしまいましたが(^^ゞ



以前私が高次元の方に質問し

答えてくれているあなたは誰なの?

と聞いた時にも



守護霊さん:誰かと言う事が問題ではない


との答えでした



ブログにも以前書いた内容ですが

ノートパソコンを使うならば

マウスは使うな

と教えてくれたのも高次元の方で・・・


なんでそんな事を知っているのだろうと

疑問に思ったのですが

高度な文明が発達した世界の

地球外生命体なら分かるかと納得出来たり

神様は全てを知っているからとも

言えるので微妙な所です


みなさんは

どのように思いましたかね?



真相はまだ解明出来ていないので

ハッキリとは分かりませんが

一部の神様は宇宙人とも言われていますが

人それぞれ自分の心に感じる答えで良い

という事だと思います



本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ノートパソコンの時の話です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です