心の病を治すには?
心の病を治すには?

心の病を治すには?



心が病んでしまうと厄介です


私の場合

鬱は軽い方だったと思いますが

ひきこもりも経験しました


日本には働き過ぎや長時間労働も多く

過労死という言葉があるけれど

日本の社会問題として

海外で過労死が取り上げられ

「karoshi」

が通じるようになったそうです


私も正社員で残業代も出ず

1日15時間~17時間労働していた頃があり

眠れなくなる事があったり

人間関係がヒドい職場では

食べられなくなる事があったのですが

一時的だったので

病院に行くほどではなかったのですが

ず~っと心配や不安が付きまとっていて

心が重い状態でした


たまに悩みがなく心が軽いと言う人の

心の軽い状態が分からずにいて

どんな感じなのかなぁと思っていました


現代病なのか鬱になってしまう方や

心が重く不調を感じている方が

多くなっているように思います


大人になると様々な責任も増え

仕事の事や家庭の事

人間関係など多くの事が重なり

気を使ったり

心をすり減らす事も多くなります



体の病気は

医師に任せて手術したり薬で治す事が

出来るものもあるけれど

心の病気になってしまうと

薬は症状を緩和させてくれるものだったり

補助的な役割で

根本から良くなる事は

あまりないのかなとも思っていて

治そうと思うと

自分で治すという意志が

一番大事になると思っています





心の傷は目に見える傷ではないですし

何か1つの事が原因ではなく

色々な原因が

重り合っている事がほとんどで

ハッキリした原因が

分からない事もあると思います



手術が出来るものでもなく

薬で症状を抑える事が出来ても

自分が率先して治そうとしていかないと

人任せにしていれば良くなる

というものではなく

心の病や傷を負ってしまうと

治りにくいのだと思います


心の健康を取り戻す事や

心の病を治す事が出来るのは

自分ではあるのですが

自分だけでは難しい事もあり

そのような時には

身の周りに

協力してくれる人も必要だと思います



自分の心は自分で治す!

と言う気持ちがないと

症状が重くなってしまってからでは

なかなか治しにくくもなり

目に見える傷でもなく

自分でもなかなか気付けない

傷になっている事もあり

心の病や傷が実際に体の不調となって

病気になってしまう場合もあるので

早めに

心の傷に気付く事が大事です



心の健康状態は

表情や姿勢の見た目にも表れやすいですが

体調や体の健康には

じわじわと蝕んでくるものなので

実際に体の不調となって表れる頃には

かなり無理をしていたハズです


身体の健康は

年齢と共に体力が落ちたり

あちこちにガタが来て

健康状態を保つのが難しくなり

老化は避ける事は出来ませんが


心の健康は以前の自分よりも

自信がついたり精神力がUPしたり

沢山の辛い経験を乗り越えたからこそ

メンタルを強化していく事も可能でなので

いくつになっても

心の健康を取り戻す事が出来

むしろ

パワーアップする事が出来るんです


身体の病気や傷は治るだけですが

心の病や傷を治し

心が健康になるという事は

以前の自分よりも成長し

強くなるという事でもあるんです


歳を取り体力が落ちたなぁ~

と思っても

心さえ健康的であれば

色々な事にチャレンジする精神力はあり

そのような人は仕事を引退してからも

人生を楽しむ事の出来る人ではないかと

思っていて

私もそんな人生にしたいです!



本日もありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です