人柄
人柄

人柄



性格は環境や経験により影響を受け

変化しやすいそうですが

人柄とは

その人に持って生まれた特徴や品格で

持って生まれたものなので

周囲の影響を受けにくいそうです


ネットで調べ

へぇ~と思ってしまったのですが

さらには人柄は性格よりも

深く感じ取る事が出来るものらしいです


ほぅ・・・(゜.゜)

という事は人を褒める時に

性格が良いと言うよりも

人柄を褒めた方が良いという事ですね


1つ間違ってはいけないのは

性格を褒める時にも

性格が良いよね👍

は褒め言葉でOKでも

良い性格しているよね

と言ってしまうと

真逆の皮肉った批判の意味になり

アウト~🙅です


日本語ムズカシイネ~


危ない危ない日本人の私でもうっかり

マチガエチャウカモネ~


という事で

人柄と性格の違いについて

お話した所で😊


人柄なのですが

私が専門学校の1年生の時に

教授講義というものがあり

専門学校の先生ではなく大学から来た教授が

教えてくれる授業がありました


2人の教授が来て

授業をしてくれたのですが

対照的で・・・


専門学校の1年生の時だったので

専門用語もまだ教わっていない時や

覚える事が出来ずにいる頃の話です



1人の教授は

いかにも教授という風格の方で

習ってもいない専門用語バリバリで

講義をするんです


だ~れもその授業に付いていく事が出来ず

睡眠時間?と思うほど

みんなが寝てしまう授業がありました


専門学校の先生もその教授の授業の前

みんな~分かるけれど

分かるけど!

お願いだから寝ないでね💦💦

と・・・

注意という名の

お願いをするほどでした


専門学校の先生が

その教授講義の内容を後日

分かりやすく解説をするという

2度手間だとも思える授業で

この教授講義に意味があるのか?

と誰もが思っていたと思います



もう1人は若い教授で

スーツを着ていているのですが

教授という感じはなく

分かりにくくつまらない授業をしても

みんな寝ちゃうからと

生徒の気持ちをよ~く

分かっていらっしゃる方で

分かりやすく

試験には出ないけれど

仕事として興味を持てるような内容の

話もしてくれる教授でした


同じ教授職の方でも

ここまで教え方が違う人もいるんだと

その人の人柄なんだろうなと

思った記憶があります






ドラマのイメージのようなThe教授!

という方は教授の肩書を

アピールしたかったのか・・・


講義を依頼されたから受けただけ

講義はしてあげるけれど

どうせ学生では

私の授業にはついて来れないでしょ


と専門学校の先生との

格の違いを教えに来たのか?


とも思えるような・・・

学生に教える気があるのかも

良く分からない印象でした


もう1人の教授は

内容に興味を持って欲しい

教えるからには

聞いてもらえる授業にしようという

気持ちが伝わる授業でした


教授である事がその方には重要ではなく

伝えなければいけない事を

分かりやすく

興味が湧くように教えたいと

思っているからではないかなと

感じました



この2人の真逆な教え方の

授業を受けた事がこのブログを

どうしたら分りやすくなるかなと考えたり

分かりにくいかなと思う言葉は

もっと分かりやすい言葉はないかと

調べて書くようになったキッカケにも

なっていると思います


肩書や格の違いや

どれだけ知識があるのかを見せつけたいのか

それとも

内容に興味を持って欲しいのかなど

何を伝えたいと思っているのかでも

伝え方が変われば

その人の人柄も見えてきます


ただただ眠くなるだけで

解説が後日ある謎の教授講義だと

その頃は思っていたけれど・・・


伝えたい思いをどのように伝えるかや

教えてもらう場面で

相手に対して思いやりを持って

接してくれている人は

相手の身になり考えられる人で

心遣いや気持ちまで伝わってくるものですが

思いやりのない人は

面倒くさいと思っていたり

自分に都合よく有利になるようにしか

考えていない事が

伝え方で感じ取れてしまうので

どのように対応するのかで

相手の人柄も分かってしまうものだと

2人の教授の講義から学べました


この授業に

こんな意味があったとは(´艸`*)


2人の真逆な教授に出会えたことに

感謝いたします


人柄は対応のしかたや

態度で伝わるものなのですよね


本日もありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です