土地や場所の念
土地や場所の念

土地や場所の念



いわくつきの物件に

なってしまう部屋や

あまり良くない気を発している場所

と言うのは

元々はその場所や部屋の場所が

良くない霊の通り道になっていて

同じような波動を持った人を

引き寄せてしまう場合と


元々の場所のエネルギーが

良くないのではなく

そこに残していった

人の強い思いが念となり

その場に良くないエネルギーの

溜まり場となってしまう場合が

あるようです



人の発しているエネルギーは

その人の雰囲気として表れ

機嫌が良かったり悪かったりで

その場の空気を

変えてしまう事がありますが



それと同じ事が

目には見えないエネルギーとして

その場に残り影響している場合

勘や霊感が鋭い方は

何となく嫌だなと重く感じる

事もあると思います

エネルギーとは生きている人

亡くなってしまった人は関係なく

植物や物からも

発しています



良いエネルギーが

流れていると言われている

パワースポットですが

人が集まり過ぎてしまうと

逆に運が良くない場所に

なってしまう事もあり


楽しい気分や

ワクワクした気分や

運が良くないから

運をもらいに行こう٩( ”ω” )وと

明るい気分で

その土地に足を運ぶ人なら

まだいいのですが

運を良くして絶対幸せになってやると

良いとは言えない

執着のエネルギーを発して

やって来る方もいます


願いは強ければ良いという物ではなく

執着してしまうと返って

叶えにくくもなるのですが

人が多く来る場所は

念として残る事もあり

その場の

エネルギーの浄化が間に合わなくなり

運の良くない場所にもなる

可能性があるようです


また人気が出て

人が多すぎて行ったら

余計に疲れてしまったという場合も

その場所からもらったエネルギー

というよりも

人が発していた良くない

エネルギーの影響を受けてしまったから

と言う事が多いそう



土地や物件の

いわくつきと呼ばれるような場所でも

影響を受けてしまう人と

受けない人もいるのは

影響を受けてしまう人とは

その場のエネルギーと

同調してしまうからだそうです


良くないエネルギーを

発している場所であっても

エネルギーが合わない

明るいエネルギーを持つ人が

その場に訪れたり通ったりし

人通りの多い

活気のあるエネルギーの流れる場は

自然浄化もしているので

いつまでも

負のエネルギーが停滞してしまうような

いわくがある場所では

なくなる事もあるようです



良くないエネルギーがとどまり

人の出入りのない廃屋は

明るいエネルギーが流れる事はなく

そのような場所はいくら

自分とはエネルギーが違い

その場の影響を受けにくいとしても

安易に近づかない方がいいです


土地や場所に念のような

良くないエネルギーを発している場所や

霊道と言われる場所は

意外とあちこちにあり

人の心の闇のエネルギーが

新たに作り出してしまったり

集まってしまう場所が

点在しているのだそう


とは言っても

その場と同調しない

陽のエネルギーが強い人が

その場を浄化している事にもなり

霊の溜まる場所も

日々変化する事もあるようです


と言う事は

常に自分が陽の気を発している

エネルギーを持っていれば

歩き回っているだけで

その場の浄化をしている

という事になるのですが

人は悩んだり落ち込んだりと

常に陽のエネルギーを

発している事もないです


気が滅入っている時ほど

家に閉じこもりがちですが

自分の陰のエネルギーを

部屋に充満してしまう事もあり

外の風に当たったり

気分を上げて浄化してしまった方が

いいんです


外に陰のエネルギーを

発したからと言って歩いた場所が

念のたまり場になる事はなく

陽の光や人の笑い声

陽のエネルギーを持った人たちが

その場を浄化してくれるので

全くの赤の他人の

関りがない人だと思っても

場の浄化をしあっていたり

お互い様で

助けあっているんです


本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです


人気ブログランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です