自分だけの神様
自分だけの神様

自分だけの神様




スピリチュアルのブログを

書くようになり3年目になったのですが

初めの頃と今では

見えない世界の認識が変わったり

思考が前向きに変わり

心が軽くなる変化もあるのですが


一番変わった事・・・



見えない世界って本当にあると

信じるようになってしまった事

と言うか

実体験をしてしまったら

疑いようもなくなってしまったと

言うべきか・・・



人が亡くなり

魂の世界はあるだろうなと

守護霊さんと呼ばれる方も

ご先祖様だと思っていたけれど

どうやら護ってくださるのは


ご先祖様でもあり

縁のある方やない方の

亡くなった方の事もあり

龍神や天狗エンジェルさんや

神社仏閣の神様の事もあります



生きていても

沢山の人にお世話になりますが

見えない世界の方たちからも

お世話になっていて

全てご縁で出会うのだと思います



そのような見えない存在の

自分を応援してくれている方たち

みんなひっくるめて

自分の魂に繋がる高次元の方達を

ハイヤーセルフと言ったり

私のように守護霊さんと

言ったりするのかなと

呼び方は何でもいいんですけどね

何を伝えて来てくれるかが重要だから



実体がない魂の存在で

私を守ってくれる存在たちは

亡くなった人の魂も神様と

変わらない気がします



私は元々スピリチュアルには詳しくなく

目に見えない事は

あまり信用しないタイプです



見えない誰かと交流している時に

相手が誰かとは

分からずに話していたんです



気さくで笑わしては来るし

お友達感覚でしたが

メチャメチャ良い事も言ってくれ

何だか良い事を

言ってくれる方だなぁと・・・



その頃は

ご先祖様だと思っていたのですが

後々その話している方が

ハイヤーセルフと呼ばれるような

高次元の神様たちだと

分かったんです





神様となんて

交流が出来る方とも思っていなかった

というか・・・


神様の存在すら

信じていなかったほど

スピリチュアルの事を知らなかった私



見えない存在たちに

こんな世界もあると

教えてもらいながら学んだので

予備知識がなかったんです



スピリチュアルとはこういうもの



という固定概念が

ほぼなかったので

後から神様たちと交流する方達が

意外と多い事を知りました



そこで私が交流している神様と

他の方の神様の話し方が

明らかに違う事も知りました



人には神様とは

このような話し方をするとの

固定概念があるからですかね



私の場合は

固定概念がなかったからだと

思うのですが

高次元の方のような神様も

普通の言葉で

話す方なんですよね・・・



以前ブログのテーマに

人は思い込みの世界でしか

生きていないと書いたけれど



見えない世界のスピリチュアルも

思い込みが

強く影響すると思っています


高次元の方とは

言葉は不要で思った事に

答えてくれたり思考を読んでいて

いわゆる

テレパシーで会話をします



人それぞれの神様のイメージがあると

思うのですが

そのイメージが

神様にも伝わっていて

そのように見せてくれる事もあったり


その人の思い込みによって

同じ神様であっても

印象が人により違い

自分のイメージした神様で

現れる事もあります



私のように

相手が誰か分からない場合

自分と似た感じの

感覚の方の場合があります



鏡の法則が

見えない世界の方でも起きます😊


霊の存在が見える方の場合

思いがけなく見えてしまった場合

自分のイメージでもなく

高次元の方が

このような姿の事もあるよと

見せている場合もあるようです


その場合

人の姿ではない場合もあるようです


現実の見える世界には

明確になる事もありますが

ハッキリと見えない世界には

証明が出来ない事がほとんどです



創造主は自分とも言われるけれど

現実を作っているのは自分で

心の中の世界や精神的世界や

見えない世界の神様の事や

スピリチュアルは

どのように思うのかは人それぞれ自由で

これが正しいという

ハッキリした事は証明出来ず

自分が創造していく世界である

とも思っています



現実世界には

なかなか自由はありませんが

心がどのように思うかは

誰かの意見に縛られる事なく

自由でいいんですから(^_-)-☆



人それぞれに自分の創造した

自分だけの神様が

魂には宿っていると思っています



本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


今回の関連記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です