神社仏閣と神様の世界
神社仏閣と神様の世界

神社仏閣と神様の世界



目に見えない世界には

いわゆる天国や天界と呼ばれる

波動の軽い高次元の神様たちの住む世界と

亡くなった人の魂が帰る世界など

いくつかの次元の違う階層に分かれていて

上に行くほど軽い波動を放つ

神様たちがいらっしゃいます



と言っても

私も見た事はないので断言は出来ませんが

そのような認識でいます



見えない世界にはもう1つ地獄とも呼ばれる

波動の重い魂のものたちが集まる

世界もあります



こちらも階層になっていて

以前ブログで書いた

地球の中には人かも分からない

魔物のようになってしまう魂や


更生し天界への道への

ビックチャンス付の魂までが

行く場所ではあるけれど


こちらも閻魔様と呼ばれるような

罪を裁く神様がいるという事は

波動が重い場所であっても

高次元で管理されている場所でもある

と言えるのかなと思っています



地獄はどこにあるのか?

という話も以前

ブログのテーマにした事があるのですが

地球の中と教えてもらいました



地球が修行の場と言われる由縁が

ここにあったと納得です



重い波動と軽い波動では

重い波動に引っ張られやすいそうで

人間が肉体を持って生活する場所が

地表部分で

高次元と地下世界の間に位置するので

地球上で嫌な事や辛い事が多いのは

地球の中が地獄の重い波動なので

人も重い波動に引っ張られやすいと言え

気分が重くなるような出来事は

魂を磨く修行をするためにも必要で

誰にでもある事

その沈んだ気分をどのように復活させるかが

精神を磨くには絶好の場所となる訳ですね


地中は重い波動でも地上は軽い波動なので


人間の生活の場の地表辺りはその中間

悪い事ばかりではなく

良い事も経験する事が大事な場所が

人間の住む世界です



人の意識が軽くなるのか重くなるのかで

地球全体の波動が変わるのだそう・・・


規模が大きすぎて分かりにくいので

波動が軽い国重い国と言うのが

国別の治安で見ると分かりやすく

日本でも物騒な事件もありますが

世界の国の中でも治安はトップクラスなので

日本は波動が軽い国です



日本が神の国と言われるのも

軽い波動を放つ

神様のお気に入りの国だからと

言えそうです(*^^*)


そうそう神様は神に対して祀って欲しいとか

手を合わせて欲しいと

思っているのではないんです



日本は神社仏閣が多く神様が身近な割には

信仰心は薄い国だそうで・・・


よっぽど治安の良くない国の方が

信仰心が厚い国が多い事も事実


神様が何を伝えたいかと言うと・・・


神様がサポートをする人とは

信仰心が厚い人とは限らないという事

誰にでも平等に接していて

日頃の行いに対して

サポートをしてもらえるか決まるので

神様に手を合わせているからと言って

サポートがされるのではなく

日頃の行いとどのような想いがあり

手を合わせているのかが

大事だという事を忘れてはいけません



信仰心が重要ではないと言っても

神様に手を合わす事も

神社仏閣が意味がないのでもなく

神社仏閣があちこちにあるから

犯罪が日本は少ないとも言えます



信仰心が薄いと言っても

さすがに神社仏閣の近くでは

普通の人の感覚では

犯罪を犯す人はあまりいないはず・・・


お賽銭を盗む人

バチあたりの行動ですが・・・



神様から

伝えられている事が分からないから

そんな事が出来るのでしょうね・・・



お賽銭を盗んでいる時点で

すでに



そなたは

このような生活をいつまで続ける気か

このような生活をお望みなのだな?



と神様に言われている事に

気付かなくてはいけないのに・・・

やっぱり神様は行動も見ているけれど

心の中を見透かしているんですよね


神社仏閣では神様に

お願いをしてもいいのですが

必要な物や自分に必要な気づきを

与えられている事への感謝をする所だと

感じるようになりました



これは私がそのように感じるだけで

正しいとは限りません



以前の私は

普通にお願い事をしていたのですが

それも間違いではなく

神社では自分の感じたままに

神様に伝えるといいんです


本日もありがとうございます(*^^*)


今回の関連記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です