自分らしくいられる事の難しさ
自分らしくいられる事の難しさ

自分らしくいられる事の難しさ



そもそも


自分らしいって何だろう


どんな自分が


自分らしいというのだろうと


自分らしさが分からない人


いると思います




私がそうだったのですが


自分で思う自分らしさと


周りからどのように思われているかの


ギャップが大きい人ほど


自分らしさが普段出せていない人です



たまに


○○さんてそんな人だったんですねと


言われる事ないですかね?



職場で仕事モードの時や


気を張っている時ではない


休憩時間や仕事の合間に


顔は知っているけれど


話した事がない人と初めて話した時や


休憩時間でもリラックスし過ぎて


お家モードになり


ついぶっちゃけトークをしたり


寝坊して


職場に滑り込みセーフで


テンパってしまい素が出てしまう時



普段本当の自分を


隠しているつもりはないけれど


職場に着くと


対戦モードに切り替えるというか


気合を入れてから仕事をしていました



だからなのか意外にも


しっかりした人とか


落ち着いている人だと


思われていたようで


テンパってアワアワしてると


YOKOさんって


そういう所あるんですね~



と言われた事があり


普段から結構こんなんですけど~


と言ったら


そうなんですね~(´艸`*)と


言われた事も



私も実際に


しっかりした人に見られたいと


思っていたので


そんな雰囲気を漂わせていたのかも


しれないです



周りから


どのように見られたいかという意識が


その人の表面上の雰囲気を


作っているのではないかと思います



本当の私はそんなに


しっかりしてはいなく


本当の自分をさらけ出せてしまうと


もうバレたから良いかと


しっかりした自分を


演じていなくてもいいかと


思ったかは覚えていませんが



普段の自分でいられ


うっかり油断したのか


親しい取引先会社の電話に


慌てて出たら



お世話になっとります



と言ってしまい


取引先の方は気付いておらず


何事もなく


お話を続行させて頂いたのですが


電話を切ってから


周りのみんなから


なっとりますって・・・🤣🤣


と総ツッコミを


いれられるようになるまで成長しました



以前はミスしても突っ込みにくい


雰囲気だったらしいのですが


しっかりした自分でなくいいと


素の自分が出せるようになると


案外気楽です



職場によっては退職するまで


自分らしさが出せない職場と


自然と自分らしさが出てしまう


職場があるのは


自分から発する雰囲気も


関係すると思いますが


周りの職場の人の


アットホームな雰囲気や


話しやすさなども大きく関係します



自分らしさを発揮出来る時とは


自宅にいる時のリラックスした


素に近い自分で働いた時で


変に自分を大きく


見せようとする事もない時です



職場もそうですが


人によっても自分らしくいられる人は


妙な安心感を感じる人や


明るい気持ちにしてくれる人で


何となく壁を作ってしまう人


仲が良くても繊細な子だったりすると


気を使う事もあり会った後に


気疲れする事もありました



自分らしくない相手に合わせた


作っている自分の事もありました



自分らしくいられる事は


難しいと思っていて


同じ波長の人は


気をつかう事が少ないので


楽しいと思えたり癒されたり


もっと話したいと思え


そのような人と友達になると


自分らしくいられるんですけどね



自分らしさとは


正直自分では分かりにくい所は


あると思っていて


そんな時は


この人とはメッチャ気が合うな~


と思う人を見つけると


自分と似たようなところを


持っている人の事が多いです



一見気が合うと思っても


表面上の一部が似ているだけで


内面や性格は全く違う事もあるので


勘違いしやすいのですが


内面の考え方が似ている人ほど


自分らしさの


似ている所を持っている人で



そのような人と


出会う事が出来ると気が合い


さらに自分らしさを


引き出してくれる人


だったりするんですよね




本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です