人が持っている野生的勘
人が持っている野生的勘

人が持っている野生的勘



2月22日


ニャンニャンニャン


と言う事で


今日はネコの日


動物にちなんだテーマです



人間も動物ですが


人間にも動物的能力の


野生的勘があります



危険を察知する能力は


人にも野生的勘が働くから


だと思うのですが


野生的勘とは


第六感と呼ばれるモノでも


あると思います



野生の勘が鈍ると


第六感になり直感とも呼ばれ


これらは全部


霊感の一種であり


名前を変えて


区別しているだけだと


私は思っています

職場の扉を開けた瞬間に


気まずいような


空気を感じる事があったり・・・



そんな時はだいたい


上司が機嫌悪くイラ立ち


注意した直後だったりします



イライラと注意をした場面を


見ていなくても


気まずい空気を感じるのは


その場にいる人が


重い波動を放っているから


空気が重くなるのですが


それも目に見えない


霊感のような能力の一種で


どのような事があったと


敏感に感じる人


何となくいつもとは違うと感じる人


全く分からない人も


いると思います



他にも


この人は自分に対して


どのように思っているのか


何となく分かる事があります



好感を持ってくれているとか


あまり良くは思われていないなとか


私は仕事が出来るタイプ・・・


ではなかったのに(^^ゞ


ライバル心のような嫉妬をされ


なぜ私に(。´・ω・)?


と思ったり



態度や言葉で向けられると


分かりやすいですが


表面上は親しく


あからさまに


嫌な感じではないのですが


何となく本心では言っていないと


感じる事があります



動物の野生の勘である


危機を感じる能力は


同じ種の動物以外に


特に強く働くのですが


警戒心が溶け


興味を示すようになると


この動物(人間)は


自分の事を好きだと分かると


仲良くなれたり


自分の事を


良くは思ってくれていないと分かると


危機として


感じ取るのだと思います



人の場合には


何となくそう思う程度に


直感のような


感覚としてやってきます


他人が自分の事を


どのように思っているのか


全く分からない


空気の違いが分からない


という人でも


注意深く観察していると


相手が思っている事と


違う事を言った時


あれっ?


何か変だと違和感として感じ取れ


空気が違うと感じる時は


人がいる時の方が分かりやすく


重い空気や和やかな空気と


人が発しているエネルギーを


感じるのだと思うのですが


人があまりいない


神社に行った時にも


境内に入った瞬間に


空気が変わったと感じる事もあり


神社が違えば


感じ方も違います



神社や建物の場合は


目から入る情報の印象で


どのような空気を感じるか


と言う事も大きいですが


その場所や建物が発している


エネルギーによっても


どんな空気感を放っているかを


感じると思います



場の空気を感じる事や


人の心を感じる能力は


注意力や集中力の差や


相手の事を理解しようと思う


強さの違いで


特別な能力ではなく


誰にでも普通に備わっている


人が持つ能力です



野生のネコちゃんと


ペットのネコちゃんでは


危険が多い環境で育ったのかで


勘の強さが変わりますが


野生の勘を働かす事が


少なくて済む


ペットのネコちゃんが


一点を見つめたまま


目を離さず凝視をする


注意力や集中力の時は


野生の勘を


働かせている時です



ペットのワンちゃんネコちゃんの


人には何も見えない一点を


じ~っと見つめている姿や


そこに向かって鳴く時・・・



一体何が


君たちには見えているんだ?


と思ってしまいます😅




野生動物の勘とは


霊感でもあると思うのですが


動物の方が人間よりも優れていて


視力が悪くても


感覚として


見えない世界を見ていたり


人が聞こえない音や声を


聞いていたり


人よりも動物の方が


危険を察知する能力が


高いからというのが


理由なのですが


野生動物は特に


常に周りを注意する必要があり


勘が鋭く働いているので


人も周りに対して


観察力や


注意力の鋭い人の方が


野性的勘が鋭く


霊感も強い人だと言えます



人の直感は


生まれ育った環境で培われ


強い人弱い人がいるのは


人の顔色を伺う環境で


小さい頃を過ごすと


ちょっとした表情の変化で


怒っている嘘をついたなど


敏感になり


心に思っている事も


何となくですが


読めるようになりやすいです



それが良い事なのか


欲しくない能力だと思うのかは


心が読めてしまう人にしか


分からないと思います



ペットの動物たちが


人の気持ちを


理解してくれていると感じるのは


人の波動や


オーラのようなモノを


感じたり


見えているからだと思います



動物たちが


当たり前に感じている能力が


人にもある程度あり


誰にでも備わっているけれど


その能力が強く出るかは


先祖代々からの家系も関係していて


過去にご先祖様が


どのような


行いをして来たかにもより


変わるようです




本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です