心をオープンに
心をオープンに

心をオープンに




久しぶりに実家でお正月を過ごしたら


やる事が多くて慌ただしくも


充実したお正月でした(*^^*)




2年ぶりぐらいに


ちゃんとテレビを見たけれど


軽く浦島太郎状態!



知らないお笑い芸人さんが


何人もいたり


昔、母はお正月と言ったら


紅白を見ていたけれど


紅白はつまらないと


違う番組を見ていたり・・・




テレビをよく見ていた頃の番組が


まだやっている事に


ちょっと嬉しかったり





今回お正月に実家へ行ったのは


2週間前にも


12月に母が手術し退院した後


1週間実家に泊まったので


どうしようかと


思ったけれど


母も完全に治った訳ではない事と


もう一つ理由がありました




前回キャリーバッグを


持っていって泊まり4日目あたりで


キャリーバッグが


開かなくなった・・・😱



ファスナータイプの物ではなく


カギをかけたわけでもないのに


右側だけロックされた状態になり


何をやっても開かない・・・



半分ほど衣服と


多少の貴重品が入っていたけれど


洋服など母に借りる羽目になり


貴重品も緊急ではなかったので


カバンやさんにでも連絡してみるかと


最悪バールなどでキャリーバッグを


破壊しなくちゃダメかな?


と思っていました



一旦お正月前に


実家から帰って来たけれど


開かないキャリーバッグを


持って来ても


仕方ないので実家に置いて来た




そんな事もあり


お正月は実家で過ごしたけれど


1月にもキャリーバッグを使う予定が


他にもある為


1月2日に姉2人も集まったので


その日に下の姉に


キャリーバッグを持ってきてもらった




下の姉が来た時に



私:このキャリーバッグさぁ


カギをかけたわけじゃないのに


開かないんだよね~



とカギをかけていないけど


カギを一度かけ


解除し開こうと思っても


やはり右側が


ロックがかかったように開かなかった



姉:私がやったら開くかもね~



と姉が言い


試しに開けてみたら・・・



普通に開いた・・・




私:え”え”~Σ(゚Д゚)


目の前で起きる事には


たいてい意味があり


天界から伝えたいメッセージを


知らせていたりする・・・




今回の事は


おそらく私が心を閉じ過ぎが原因か?


心をもっとオープンにとか


周りの人たちと交流をした方がイイ


と言う事かなとも思っていて



下の姉は


結構オープンな人で自分の事を


普通に話す人で


心がオープン状態なのでパカッと


キャリーバッグが開いたのだと・・・



ブログでは私の事を書いて


オープンにしているので片方だけ


ロックがかかる


と言う事でもあり


友達には誰にも


このブログを書いている事は


言っておらず


実はこんな私だ( ̄▽ ̄)


と言う事も知らないまま


年賀状も一切やらなくなったり


連絡も取らなくなってしまった



私が生きているのかも


きっと


分からないんだろうなぁと・・・




どこまで自分の事を話すかは


人それぞれで良く


何でもかんでも


他人の個人的な事までも


話してはいけないと思うのですが




自分の事なら自分次第で


どこまで話すか決めれば良く


友達だと信用した人に


色々と自分の事を話したら


知らない人へ言いふらされる


そんな経験をすると


誰を信じていいか分からなくなる




こんな経験をする時は


キチンと信用出来る人か


見極めるようにとの


天界からのメッセージで


それにプラスして


痛い経験をする時というのは


何度も同じ失敗をしている事だったり


人を信用しやすいから


気をつけなはれや( ̄д ̄)



と今後の


注意をされている時でもあります




私・・・


自分の事を話しすぎて


痛い目にあった事もあり


人との交流を避けていたのですが



なぜに今回


キャリーバッグが開かない事件が


勃発したんだ(。´・ω・)?



あまりにも


心を閉じすぎていたので


そろそろ


どの人にどの程度


心をオープンにするか


見極めて交流しなさい


と言う事かなと(^^ゞ




相手の外見や肩書を見て


態度や対応を変えるのは


良くない事なのですが


相手の方への信用ぐあいで


心をどの程度オープンにするかは


人間関係には重要です



本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です