実は嘘つきな人
実は嘘つきな人

実は嘘つきな人




人と話していて


感じる事がありました



仲良くなり


色々と話してはくれるけれど


どこか信用が出来ずに


深くは関わらない方が良いと


感じてしまうような人



あまり個人的な事は


話さないけれど


信用が出来ると感じる人



この違いは


何だろうと思っていたのですが


信用が出来る人とは


嘘をつかない


と言うことが分かりました




当たり前な事なのですが


ただの嘘つきとは違います



世の中には明らかな


嘘ばかりつく人もいるのですが


そのような人は


信用が出来ないので関わらない方が


いい人だと思います



ですが今回のテーマの


噓つきな人は


この人・・・


実は結構


嘘つきだなぁと言う人




どのような人かと言うと


大きな嘘や明らかな嘘は


つかないのですが


自分に何か


コンプレックスがあり


そこを隠そうとするのか


実力よりも大きく見せたがったり


どれだけ自分が


スゴイのかを強調してくる人


周りから認められたいと


承認欲求が強い人


自分の良くない所を


見ようとはしない人


自分の弱い所を隠そうとする人



このような人は


一見すると自信家で


傲慢気質な所があるのですが


それは本当の自分を


知られたくないから


大きく見せようとしたり


強い人スゴイ人だと


周りから認めて欲しいから


本当の自分以上の


誇張した表現を使ったり


嘘をつくのですが


本人は嘘をついている


自覚がない人だったりします



人から認めて欲しいと


思っているから


頭がいい人や賢いと思われたく


カタカナ表現や


分かりにくい難しい表現を


多用する人もいます



人には言うけれど


自分では実行はしない


自分を棚に上げるタイプ



知り合いになっておけば


自分に有益かどうかを考えて


人付き合いをする人



自分の良くない所から目をそらし


自分と向き合っていない人に


実は嘘つきな人はいます




信用出来る人と言うのは


『実は嘘つきな人』


と同じく


自信のない自分を隠したい


弱みは見せたくないと思う事は


一緒なのですが


そのような人は


自分を実力以上に大きく見せる事はせず


偽ろうともせず


嘘をつかないのですが


あまり自分の事を


話したがらない人だったりします



何を考えているのか


分かりにくい人でもあるのですが


話を大げさに盛る事もなく


実力以上に


大きく自分を見せようともせず


普段の姿のままなので


信用が出来る人だと


思えるのです



『実は嘘つきな人』も


根は悪い人ではない人も


多いのですが


信用に関わる事で



自分を良く見せたいと思う気持ちは


私にもあり


誰にでもある事だと思うので


許せる範囲の事ならいいのですが


傲慢な態度だったり


陥れようとして来る人や


利用してくるような人


一緒にいると不快にしかならない人とは


関わらない方が良い人だと


心が判断してしまいます



人を利用する人は


仕事の人間関係のような立場なら


仕方ない事もあるのですが


友人や知人でも


協力するのではなく


いいように利用してくる人は


そもそも友人ではありません



『実は嘘つきな人』は


大きな嘘をつかない代わりに


相手よりも下に見られたくないと


大口を叩く人だったり


自分を良く見せようと


小さな嘘をちょこちょこつく


口のうまい人もいます



自分でも嘘をついている事に


気付いていない事もあるので


指摘してあげても良いですが


そのような人と


険悪にならないよう


上手く付き合っていきたいのなら


軽く流す方が良いかもしれません😊




高次元と繋がりやすい人


と言うのは


自分に嘘をつかない素直な人です



高次元と繋がりやすい人は


自分を必要以上に


大きく見せようと偽る人ではなく



自分の事はあまり語らずとも


本音を見せなくても


自分を偽る事がない人です



本音を見せないという部分で


嘘とも言えるかは


微妙な所ですが


見せないだけで


嘘をついているのではありません




高次元の方は心を見るので


本音を相手に語る事がなくても


嘘がないので


自分を大きく見せようとする人よりも


高次元と


繋がりやすい人になります


他人から


良く思われたいと思うのは


誰でも一緒だと思います



周りから認められる人や


本物の人と言うのは


実力以上に


大きく見せようなどと


考えもしない心の器の大きな人です




相手に下に見られたくないと


思っているうちは


周りから認められていないので


実力が伴った行動が出来ないうちは


下にみられる態度を


されてしまう事もあり


実際に実力がある事が認められれば


大きくみせるアピールや


大口を叩かなくても


自然と周りから信頼されるようになり


下に見られるような態度も


されなくなります



社会的地位を気にし過ぎる人や


自分自身を過大評価している人ほど


大きく見せたがり


人を肩書で判断したり


自分に


有益かどうかで人を見て判断したり


傲慢な態度をとるような人は


心の器が小さい人


だからなのです



実は嘘つきな人とは


言いたくない事を言わない人とは


違います


黙っているだけだから




実力以上の


自分を見せようとし


大げさに伝える事は


あまり信用が出来ない印象を与え


実は噓つきな人だと思われがちになり


逆効果の行動です



自分を


過少評価する必要はないですが


大きく見せる必要もなく


正直である事の方が


信用をされ仕事を任せてもらえる事が


増える人です



良い嘘もありますが


人の信用を失うような嘘をついていると


裏切りの行為にもなり


信用が出来ない人だと


思われてしまうのです




本日もありがとうございます

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


2件のコメント

  1. カズー

    めちゃくちゃ共感してます。職場で1人、どうしても内心受け入れられない人がいます。まさに嘘付きで、傲慢で、他人の悪口ばかり話し、自分の事を棚に上げ、中傷し、承認欲求が強いなぁと感じるひとです。私の仕事ぶりを周りの人には聞き回り、否定的な話を聞くと手伝いに来たというけれども、様子伺いに来ているだけで、人を見下すような言動をし、また、あなたはこうでしょ?と決めつけた言い方をしてきて気が滅入ります。対抗心や妬みのある人の周りには無秩序で不快なものしかないので、その方が早く異動する事を静かに願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です