話し方や言葉の選び方って大事
話し方や言葉の選び方って大事

話し方や言葉の選び方って大事


生活をする中で


気分が上がるか上がらないかは


人間関係が大きく影響をし


言われた一言で


その日の気分が


ガラッと変わる事もあります



今まで苦手だと思った人が


突然自分に


弱音を吐いたりすると


親近感を持てるようになり


思っていたよりも


いい人だなと思えたり



信用していた人から


本人は悪気がなくとも


傷付けられる言葉を言われ


一気に信用が出来なくなったり



ある程度親しくなると


最初の印象とは


違うなと思う人もいます



最初はお互いに


気を使っているので


ウッカリ本音などは


出ないのかもしれません



最初の印象も大事ですが


ある程度


仲良くなったり親しくなった時に


相手が自分の事を


どのように思っているのか


本音の言葉が


出てしまうものだと思います


気分が落ちている時に


この子と


話していると元気になるなと


思う相手は


相手も案外同じように


思っていてくれいて


お互いがそのように


思える相手は信用が出来



そのような人と


意見の違いがあったとしても


へぇ~そんな意見もあるんだねと


違いも受け入れつつ


不信感を持つ事は


ほとんどありません



自分の事を


元気にしてくれる人でも


心がこもっていないような


感謝の言葉だったり


ただ相手を


褒めておけばいいだろうとか


相手を持ち上げ


いい気分にしておけばいいと


何となく


企みがあるような


本音では


語っていないのではないかと


感じてしまう言葉には


どこか信用が出来ず


意見の違いがあった時に


やっぱりこの人は違うと


心の距離が開いてしまうもの



自分と同じ考え方の人で


気が合う人ばかりならいいのですが


そうではない人もいて


相手の話し方や言葉の選び方でも


大きくその人の印象を


左右する事になり


話し方や言葉の選び方によっては


誤解を招く事もあり


人間関係に


影響が出て来ると思います




意見の違いがあっても


人の意見もキチンと聞いてくれて


一方的に


自分の意見を押し付ける事もなく


決して上から目線でもなく


威圧的な態度でなく


納得出来るように話してくれる方は


相手の意見も聞こう


という姿勢にもなれ


そのような違う意見もありだなと


自分の考え方の幅を


広げてくれる人で


そのような人と付き合うと


自分も成長出来る相手だと思います




同じ意見の違いを


伝える人でも


人の意見をあまり聞かずに


どうせ意見を聞いたところで


君は分かっていないから


教えてやる


というような言葉の選び方をし


自分の意見が正しいと


押し付けられてしまうと


そもそも相手の意見を聞こうという


姿勢にもなれず


何だかモヤっとし


イラっとする事も多くなりがちです



そのような人とは


自分をあまり


成長をさせてはくれないので


付き合わなくても


良い相手だとも思います


自分と


違う意見であっても


人の意見を


キチンと聞いてくれているだけで


自分の意見を


尊重された気分になったり


相手の話し方や伝え方によっても


なるほどね


と思えるのか


イラっとするのか


大きな分かれ目なのです



話し方や言葉の選び方で


その人の性格や本心や


人間性までもが表れてしまうもの


だと思います




本日もありがとうございます(*^^*)

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

感想やコメントも

お待ちしております♪


今回の関連記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。