頑張っても成果が表れない時
頑張っても成果が表れない時

頑張っても成果が表れない時




今まで通り


向上心もあり頑張っているけれど


気持ちとはうらはらに


集中力がすぐに切れたり


思ったように作業が進まずに


成果も表れない時



もう1つのパターンは


集中しやる気も気力も十分にあり


頑張っているのに


成果が出ない時




最初の


今まで通り頑張っているのに


成果が上がらない時というのは


長く続けている場合の時に


起きる事が多く


マンネリ化してしまい


同じようなパターンになり


変化や改善が必要な事もあれば


間違った事をした時や


今頑張るのはそこではなく


別の事にあると


伝えられているサインの時や


しばらく休んだ方がいいとの


サインの事もあります




人それぞれ


その時の状況によっても


意味合いが違うので


自分で何が原因か気付く事が


必要になります



物事の動きには


上手くいく時や行かない時


停滞していたり


停滞しているように見えて


安定している時など


誰にでもある事


多少上手くいかない時期があっても


あまり気にしなくても


いいのかなとも思います



ですが・・・


良くないのは成果が表れない


どころか


下降している場合には


何か間違った事を


している時なのです




慢心し努力をしなくなった時



自分の欲のままに行動した時



自分でもハッキリしないけれど


何か違うと感じているのに


続けている事がある時




この3つは


私が経験した事のある


上手くいかない時の


パターンかなと思います(^^ゞ



このような時は


頑張っている事の改善よりも


自分の心を見直す必要がある時


でもあるのです




もう1つのパターンの


やる気も気力も十分あり


頑張っているけれど


成果が表れない場合




この場合は


まだ何かを始めたばかりの頃に


起きやすい事で


準備段階で必要な経験が足りず


まだ学ぶ必要が


ある場合は


上手くいく事はあまりありません



始めた事が


すぐに上手くいく人は


才能がある場合と


天界からテストをされている


場合があります




天界からテストされる時は


始めた事が


すぐに上手くいき調子にノッてしまい


努力を怠たったり


傲慢な態度になってしまったり


自分の実力ではなく


上手くいった場合というのは


いずれは


上手くはいかなくなることも


あるのです




初めは成果が表れなくても


気にする必要は


全くありません



学びの期間が必要だから



学びの期間中に


始めた時よりも


楽しくなってきた場合は


続けた方が良い事の判断


でもあるのです



始めた事の学びの期間中に


面白いとも


楽しいとも心がワクワクもせず


ただ何となく


目的のために続けているとか


自分は本当に


これがしたかったのだろうか


と疑問に思う事が増えた時は


やっている事が


間違っているものなのです




頑張っていても


成果が表れない場合は


人生には


良い事も良くない事も起きるので


気にしなくても


今まで通りで良い事の時もあれば


見直しが必要な時もあり


更には


止めるか止めないかの切り替えの


判断の時期が


やって来た場合があり



その時


今後も続けると判断し


上手くいくかは分からないけれど


頑張っている事を考えた時に


自分の心の感情が


どうなのかが一番大事


今後も続けたい


頑張っていきたいと思うならば


多少の問題に


ぶつかっても


大きく成長するための試練が


来ただけなのかもしれないのです


気分が重く憂鬱になり


やっていく自信がなかったり


続けていていても


苦痛になってきた場合は


切り替えの時期がやって来た時で


自分の心が望んでいる事は何か


心を見つめ直すと


良い時期でもあるのです(*^^*)




本日もありがとうございます

ポチッとして頂けると

嬉しいです♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

感想やコメントも

お待ちしております♪

ご要望は

お問い合わせフォームから

お願いします

ゆるっとライフスタイル YOKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。