【日月神示】第一巻17帖 上つ巻  現代語訳
【日月神示】第一巻17帖 上つ巻  現代語訳

【日月神示】第一巻17帖 上つ巻  現代語訳




この世はみな

神のものざから

臣民のものと云ふもの一つもないぞ



この世の物全てには

神が宿っているのだから

人々が雑に扱って良い物と言うものは

一つもないのだよ




お土からとれた物

みな先づ神に供へよ

それを頂いて

身魂を養ふ様になっているのに



大地の恵みから採れた作物は

みな神が宿っているのだよ

まずは

収穫してくれた人々へ

感謝して欲しい

大地の恵みを頂くと

魂の成長も担うのだ




神には献げずに

臣民ばかり喰べるから

いくら喰べても身魂ふとらぬのぞ



神には

感謝の気持ちで十分だ

人々みんなで食べてくれたらいい

無駄にせず残さず食べないと

魂の成長はしないのだよ





何でも

神に供へてから喰べると

身魂ふとるぞ



どんな食べ物にも

神様は宿り神に感謝し食べると

魂が輝き出すよ



今の半分で足りるぞ

それが臣民の頂き方ぞ



食べ物が手に入れやすい

便利な世の中だ

買い置きは心の不安を

物で埋めようとしている

現われなのだ

買い過ぎない事

それが人々の

正しい買い物の仕方ではないのか




ご愛読ありがとうございます


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


現在解釈されている内容とは

全く異なる事も

あるかもしれません



お仕事のご依頼は

お問い合わせフォームから

お願い致します

お名前欄やコメント欄へは

掲載しても良い内容を

お願いします

ゆるっとライフスタイル  YOKO

2件のコメント

  1. ひろぽん

    ありがとうございます(^^)食に関しての大切な部分、人間に与えてあるものは、食べ物だけである(╬☉д⊙)⊰⊹ฺ(^^)!と言う事実ですね(^^)国常立大神様から言われてます。解りやすく訳して下さりありがとうございます(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。