【日月神示】第一巻13帖 上つ巻 現代語訳
【日月神示】第一巻13帖 上つ巻 現代語訳

【日月神示】第一巻13帖 上つ巻 現代語訳



元の人三人その下に七人

その下に七七

四十九人合して

五十九の身魂あれば

この仕組は成就するのざ



神の魂は

何人にも分ける事が可能だ

1柱のこの神から

3人の人に魂を分ける事も可能


さらには

7人にも分ける事も可能

良い行いをする者がいれば

さらに魂を分ける事も可能だ

悪い行いをしたならば

神が帰るだけ


一定数の

神の魂を分けた人が集まれば

神の理想とする世の中に

なるかも知れないな




この五十九の身魂は

神が守っているから

世の元の神かかりて大手柄をさすから


神の申すやう何事も

身魂みがいてくれよ




魂を分けた一定数の人達は

神の守りが強いのだ

世の中を正すため

神の手足となり手伝いをしてもらうから


神の提示する

試練や課題のどんな事も乗り越え

魂をみがき向上させてほしい




これが世の元の神の数ぞ

これだけの身魂が力合はしてよき

世の礎となるのざ



病んだ心の

人たちが多い世の中を正す

神の手助けとなる者は

まだまだ必要だ

磨き上げた魂の者たちが

力を合わせ目覚めを促すとよい

世の中の基礎となるのだよ


この身魂は

いづれも落ちぶれているから

たづねて来てもわからんから

よく気をつけて



大人の魂は

邪念などで曇りがちになるから

君が本当にしたい事は何かと

尋ねられても

答えられなくなるものなのだ

自分を見失わずに魂が曇らないよう

よく気をつけておくことだ




どんなに落ちぶれている臣民でも

たづねて来た人は

親切にしてかへせよ


何事も時節が来たぞ


どんなに苦手な人々が

目の前に現れたとしても

親切にしなければいけないよ


何事にも気付きがあり

自分を目覚めさせるために

現れた人かもしれないのだから




お読みいただき

ありがとうございます

+


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

現在解釈されている内容とは

全く異なる事も

あるかもしれません


天界の方達からは

今伝えたい事として

訳させて頂きました



お仕事のご依頼は

お問い合わせフォームから

お願い致します

お名前欄やコメント欄は

掲載しても良い内容を

お願いします

ゆるっとライフスタイル  YOKO

1件のコメント

  1. ひろぽん

    現代訳からは穏やかな流れを感じます(^^)この人数の事は、時代とともにバトンを渡す様に受け継ぐ事でもあります。3人とは根源神からのお仕組みですので、類型の御霊が演じることになります。また、入れ代わり立ち代わり役割を演じることにもなります。そうですね(^^)出会う人々全てが、本人の気づきの為にいてくださいます。あまり書くとガチになるので『ここではやめてくれ!』と言われましたので(^^ゞ、、ここは後ほど記します。穏やかにわかりやすい訳をありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。