人は死期を決めて生まれてくるもの?
人は死期を決めて生まれてくるもの?

人は死期を決めて生まれてくるもの?

人は生まれてくる時に大体の出来事は


決めてくると言う



地球に生まれてくるというのは


人として成長し


天界へ帰る時に


どれだけ霊格を上げ


魂の成長をさせることが出来るか


という修行に行く



ということをこれまでに


天界の方から学んで来たのだが


ネットで疑問に思った回答があった


人は死期を決めて生まれてくるもの?



これに対し


ネットでの回答されていた方は



死期やどのような亡くなり方をするかまでも


決めてきている



と答えていた



えっ、本当に?


とちょっと異議あり!



と思ってしまったので



この質問と


人の死には意味があるのか


というちょっと重いテーマで


聞いてみたいと思います




私:霊格や魂の成長を遂げるために


地球へ行くのに


死期を決めてから行くの⁉



守護霊さん:そのように言う人も


いるけれど



死期や亡くなり方を


決めて来る人も中にはいる


という事ではないかしらね



地球には


霊格や魂の成長を望み修行に


行っているんですもの



みんながみんな


死期や亡くなり方を決めて


地球に生まれて来たのでは


ないと思うわよ




私:ではどうして死期などを


決めてくる人がいるの?



守護霊さん:自分がどのように


亡くなるのか


いつ頃までにという事をだいたい


決めてくる人もいるの


どのような


亡くなり方をするのかで


周りの人へ


メッセージを残す意味があるわ



周りの人へ


命の尊さや大切さを身近に


感じてもらうために


早めに亡くなる事を決めて


生まれてくる人もいるという事ね



どのように


生きるかは人それぞれで


命の長さは


長ければ幸せとも言い切れず


短かったから不幸だ


とも言い切れないわよね



人の死は


何歳で亡くなるのかにより


事故で突然亡くなるのか


病気で亡くなるのか


自ら命を絶ってしまうのかで


身内や近しい人で大切な人であればある程


残された者にとっては


心の傷も深く学びも大きくなり


その後の


人生も変えてしまう事もあるの



大切な人の死を経験してしまったら


辛いけれど


その時にどのようにしたら


自分の心が楽になるのか考えてみて


気持ちが楽になる方が


正しいと思った方がいいわ




自分で決めた死期だったから


と思うのか


不幸な出来事に巻き込まれてしまった


と思うのか


その時の状況により


考え方1つで


心が少しでも軽くなればいいの



正しい答えを探しても分からない事だって


あるんですもの



残された人の悲しみは


心の傷として残り


消えるものではないのかもしれない


心の傷はなるべく


浅くしておいた方がいいの




他人の死にも


意味があると思うわ


ニュースで見たり聞いたりする場合も


人の命は永遠ではないという事を


教えてくれたり


考える機会を与えてくれたりと



人はみんな


自分の死期が分からないから


一日を大切に生きて欲しいという


亡くなった方からの


無言のメッセージである


とも言えるのではないかしら



天に召された人からの


大切な無言のメッセージとして受け取り


人の死を無駄にしてはいけないという


天界からの大切なメッセージでも


あるということ




ご愛読いただきありがとうございます

ブログランキングに登録しています

↓ポチッとしていただけると

ブログを書く励みになります


人気ブログランキング





お仕事のお問い合わせがございましたら


コメント欄へお願い致します


後日メールにて回答させていただきます


ご了承くださいませ



ちなみに


個人鑑定はしておりませんm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。