波動は大人より子供の方が高い
波動は大人より子供の方が高い

波動は大人より子供の方が高い

波動とはすべての物や人が発している


気分や感情の振動のようなもので



人の感情がポジティブであれば


高い波動


ネガティブであれば


低い波動を発している



本日この


波動について聞いてみよう!



私:波動が大人よりも


子供の方が高いのはなぜ?



守護霊さん:子供の


明るい子、おとなしい子など


性格には関係なく


無邪気で素直でまだ何も知らない事が


世の中に多く


初めて知る事や体験する事が多く


毎日がワクワクで


ポジティブな思考になっているからなの




一方の大人は日常の事で


毎日ワクワクするってあまりないと思うの


それは


過去にもう経験や体験し


知っている事も多いからね



人間関係や


日々の生活の事や仕事の事などの


悩み事も多くなるので


ネガティブな感情になり


波動を常に高く保つ事は


難しい状況になるものね

それでも


大人に波動の高い人や


低い人がいるのは


同じ失敗をしたとしても



波動が高い人は


その失敗から学びを得て


今後同じ失敗はしないと


ポジティブに考えられる人なの


波動の低い人は


自分は実力不足なのかと


失敗した事ばかり意識が向き


また同じ失敗をしたら


どうしようと


ずっと失敗した事を引きずって


ネガティブな感情からなかなか


切り替えが出来ない人なの



同じ失敗でもね


考え方により


波動を高く保てるのか


低く下げてしまうのかという


大きな分かれ道にもなり


霊格の高さにも影響してくるのよ




私:では波動が高ければ


霊格が高いと言えるの?



守護霊さん:波動が高い方が


霊格は高くなるわ



でもそれだけでは


子供の方が霊格が高いという事に


なってしまうので


波動の高さと霊格の高さは


比例はしないわよ



霊格の高さは波動が高い事と


人間性の高さや


魂の成長度合いなども関係してくるので


やはり沢山の様々な


経験をしないと学びは得られず


霊格は高くならないのよ



私:波動が高い事のメリットとは?



守護霊さん:まずは幸福度や満足度が


高いと言えるわね



良くない事が起きても


そこからどんな学びがあるか


ポジティブに考えられたり



初めての事も


物怖じすることなくパワフルで


ワクワクの方が大きく


感じられる人かしらね




私:波動を高く保つにはどうしたらいいの?



守護霊さん:波動の高い人と一緒に


いるといいわよ



波動は周囲に伝染するものなの


ペットも波動が高く動物好きであれば


愛情を注いだ分以上に


高い波動で癒しを与えてくれるわよ


小さい子供は特に


純粋で波動が高く子供好きなら


波動を上げてくれる存在なのよ



だからね


子供のテンションを下げ


波動を下げてしまうと


自分の幸福度も


グッと下がってしまうの




子供を笑顔にし


波動を高く保つという事は


自分の幸福度も高くなるという事よ




小さい子供は


天界からみなさんの波動を上げるために


派遣された天使


なのかもしれないわね(#^.^#)


本日も最後まで


ご愛読いただきありがとうございます



なるほど!と思ったら


↓ポチッとしていただけると


ブログを書く励みになります!



人気ブログランキング



関連記事




お仕事のご依頼がございましたら


コメント欄へお願い致します


後日メールにて返信させていただきます


ご了承くださいませ



ちなみに


個人鑑定はしておりませんm(__)m

2件のコメント

  1. ひろみ

    おはようございます( ^ω^ )
    今日の内容も興味深く読ませて頂きました。私は子供のお友達が遊びに来るといつも一緒に遊んでいます(笑)一緒にいると私も楽しいので遊んでいましたが、波動が高いので私がパワーもらっていたのかも知れないです。
    実は素敵なプレゼントをもらっていたのかもと思うとありがたいですね♪

    1. ひろみさんコメントありがとうございます。
      私も友達の子供と遊んであげていたつもりが
      自分が本気で楽しくなり遊んで貰っていた事があります(^^♪
      子育て中のママさんからすると小怪獣に変身し大変な事もあるとは
      思いますが心に余裕が出来た時に
      子供からニッコ~ってされちゃうとやっぱり天使ですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。