採血で言霊(ことだま)のメカニズムを知る
採血で言霊(ことだま)のメカニズムを知る

採血で言霊(ことだま)のメカニズムを知る

年1度の健康診断

アレルギー検査、献血などで

採血の機会は

何度となくあると思うが

私の血管は見えづらいらしい。


血管も浮き出ておらず

アトピーで肌が黒っぽい

というのもあり

毎回みんな私の採血に

苦労しているのが分かる。



右腕、左腕、さらに戻って右腕と

3回針を刺してやっと

ということも何度かあり

腕から採れず

手の甲からの採血をしたこともある。


その為

血管を左右の腕で

一生懸命に探している時

私はつい言ってしまうのだ


「毎回みんな私の採血苦労して

3回採り直しになることもあるんです。」

私は毎度のことだから

気にしないで下さい。

という意味で言っていたが

恐らくこれがいけなかったのだと。



相手にとっては

この人、血管が探しにくい。

いつも

何度も針を刺し直しに

なってしまっている。


私は絶対にやり直しがないように

気を付けなければ

自分もこの1回目で

血が採れないのでは

と余計なプレッシャーと不安を

与えてしまったのではないかと・・・。



日本には

言霊という言葉がある。

ちなみに英語でも

KOTODAMAらしい。

その意味は

言葉に宿っていると信じられている

不思議な力。

言葉どおりの結果を現す力がある

とされている。


しかし

毎回血管探しに苦労し

私がネガティブないつもの言葉を

伝えても採れる人は採れる。

その違いは何か?

ベテランぽい人

(あくまでも雰囲気だが)は

1回でも採れる人が多い。

やはり

その人の経験と自信なのではないか。


ネガティブな言葉を

相手からかけられた時

やはり

自分の行動も消極的になり

劣等感や不安を抱くと思う。

今までなかったミスや

作業効率も

悪くなってしまうのではないか?


思い返すとその経験

私はある。

他人の意見や言葉もすべて

受け入れすぎず

自分自身を見つめ直し

そんな事はない

と思ったら

自信を持って行動すればいい。


言われて

あぁ、そうだな

と思ったら

劣等感を抱いたり

消極的になるのではなく

直す所を言ってくれて

ありがたい

と良い方向に考えられれば良い!



と、実は頭で思いつつも

私はダメな奴なんだと毎回

凹んでいた。


よく考えれば

期待しているから

ここを直せば良くなるよ

と私の為に言ってくれている。

か、本当にダメなヤツ

と思って言っているのかは微妙・・・。



そう!

自分の置かれている状況が

どちらでも

受け取った人の気持ちの持ちようで

状況が変わるということ。


だから、

自分の発する言葉は

ポジティブな言葉を選んで

話した方がいい。


ネガティブな言葉を発し

そのまま自分に

現象として帰ってくる

可能性があるからである。

恐るべし言霊。



自分が発する言葉も

自分自身にかける言葉も

人にかける言葉も

前向きな言葉を選んで話していこう!



本日も最後まで

ご愛読いただきありがとうございます



参考になったと思ったら

クリックしていただけると

励みになります


人気ブログランキング

お仕事のお問い合わせがございましたら

コメント欄へお願い致します

後日メールにて回答させていただきます

ご了承くださいませ


ちなみに

個人鑑定はしておりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。