母と私の関係性
母と私の関係性

母と私の関係性

私の両親は仲が悪かった

前回

父の話を書いたが単身赴任していて

私が小学校入学前から

高校卒業する位まで

あまり家にいる事はなかった


たまに帰ってくると両親のケンカの声で朝

目覚めることになる


ものすごく嫌で

布団をかぶっていたが聞こえてくる


聞きたくもないので内容までは分からない


私は仲がいい両親の記憶は全くない


両親同士は仲が悪いが

それぞれ父と母からも

愛されているという自覚はあった


母の事は正直

私が学生の頃までヒステリックな一面があり

好きにはなれなかった


私が25歳の時

父が病気で亡くなってしまったが

その頃になって両親が仲が良くないのが

母も大変だったから

仕方なかったのかなと思うようになった


私は3姉妹の末っ子だ

子育ての大変な時期を母1人で3人をみて

私が小学校高学年になった時

母は正社員で働き出していた


3人共お弁当を作ってもらっていたし

夕食の手伝いはほぼしたことがない


仕事と家事もして反抗期やケンカは3人共

母にしかしてこなかった


父は子育ての大変な時期に

ほとんど居なかったのだ


帰ってくれば

私たち3姉妹は父と仲が良かった

恐らくその事も

気に入らなかったのだと思う


母にとっては理不尽すぎたのだろう


小学校の頃

習い事で水泳をしていたが

いつも母が付き添いで来てくれていた


今思うと日曜日でやる事も多いだろうし

せっかくの休日なのに

良く付き添ってくれていたなぁと思う


学生の頃は母に

かなりヒドイ態度を取っていたなと

反省するようになり

母とのわだかまりもなくなっていった


私が唯一

母にしか出来ない事がある


それは外食や旅行

どこかに出かけるために人を誘うと言う事


実は私

自分からどこへ行こうとかランチに行こうと

恐らくこの45年間

友人を誘ったことはなかったかもしれない


○○ちゃんも誘ってみれば?

と言われれば誘うが

自分からどこへ行こうと企画してはない


自分から

連絡することも家族にもあまりしない

誘われて都合さえ合えば必ず行く


なぜ人を誘うことが出来なかったのか?


他人を優先しすぎて

忙しかったら悪いし

私が行きたい場所は行きたくないかなぁ

とか

あそこのランチ食べてみたいけど

1人じゃ行けないし美味しくなかったら

誘った友達に悪いし

と思ってしまい誘えない


自分の考えを伝えられなく

優柔不断な事もある


そしてもう一つの理由は

自分の事を話すのがニガテであまり

交流したくない事が

大きかったのかもしれない


基本一人でいる方が好き


誰の事も気にしなくていいから

人の雰囲気をみるとこの人

こういう風にたぶん思っているんだ

となんとなく分かる


それって当たり前の事で

ただみんな

言わないだけなのかと思っていた



母は私と同じようなタイプで

意見をあまり言う人じゃない


私が遠慮なく意見を言い

誘うことが出来る人


一人でいることは

好きじゃないみたいだけど


私は転職ばかりしていたので

次に仕事が決まるまでの間

母を旅行に誘うようになった


実家暮らしなのに

ほとんど家にお金を入れていなかったので

旅行をプレゼントし

私が仕事を辞めるたびに

旅行をするのが定番化した


内観すると

目の前の人は自分の写し鏡

という事を知る


自分の嫌いな所

人に意見を言えず決められない


まさに目の前の母がそう

人の振り見て

我が振り直せ状態なのだ


母は私のダメな所に気付きを与えて

ちゃんと自分の意見は

言いなさいと

身をもって教えてくれる人


母もそのことに

気付いてくれればいいんだけど


目の前にいる人は

自分に気付きを与えてくれる人


その気付きを与えてもらったが

いまだに友人を誘えない


私が今誘うことが出来るのは母だけ

本人にも誰にも言った事はない

そして母へ、また旅行に行こう!


今日、誕生日だね、おめでとう!

いつか、

私が書いているこのブログが

母の元へと届きますように




本日も最後まで

ご愛読いただきありがとうございます

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です