こもりびと(ひきこもり)
こもりびと(ひきこもり)

こもりびと(ひきこもり)

私は今は

ほぼテレビを見ない


ひょんなことから

”こもりびと”

という番組をやるのを知って

これは

見なければいけないんだなぁ

見なさい

ってことなんだなと思い

テレビドラマは2年ぶりくらいに見た



私もひきこもり経験者だからだ


ずっと

この内容を

ブログに書かなくてはと思いつつ

書こうと思っても書けず

日が経ってしまった


前回転職が多いことは書いたが

仕事を辞めたあと

次に仕事が決まるまで

旅行したりなんだかんだありつつ

正社員で職に就いていた


10年ほど前

ひきこもりになる直前で

働いていた会社は

年齢がすでに

30歳を超えていたので

何があっても今回は自分からは

辞めないと決めていた


この会社

なかなかの陰湿な会社で

社長が私の後ろの席に座っていて

私のパソコンの動きが止まると

咳払いをし

動きがあるまで

ずっと咳払いをする



私は日常で

電車などに乗り

咳払いをする人がいると

背中に

緊張が走るようになった



それが買い物をしている時

歩いている時

咳をする人がいるだけで

ビクッとなり

動悸が激しくなるようになった




ある時

一緒に働いていた

お局マダムがある日私に言った


「あなたの席ね

前に働いていた人その席で

心臓発作で亡くなったのよぉ」


と教えてくれた



私は全く驚くこともなく

ここに居たら


そうなるよね



私の前に

この席に座っていた人が

どんな気持ちで働き

亡くなったのか分かった気がした



私も

その可能性あるなと

思いつつ多少

鬱状態になりつつも

自分からは

辞めない覚悟で働いていたが

リーマンショックの影響で

リストラされた


嬉しかった



その席で亡くなった人が

助けてくれたのかもしれないと思った




34歳の時

初めて自分から辞めたのではなく

リストラでの退職だった



そして

いつものごとく旅行して

帰ってきて

正社員で応募するも

面接にすら引っかからない



そしてここから

私の暗黒のひきこもり生活が

始まることになる



職種問わず

とりあえず自分の出来そうな仕事へ

履歴書送るも

不採用通知しか送られてこず

心が折れ

私は必要のない人間だと

思うようになり

職探しを一旦諦めた



何か気分転換をして

しばらく考えてから

再開すればいいと思っていた



実家暮らしだったため

親のスネかじりまくりで

生活していた


昼夜逆転するような生活だったが

変なプライドがあったせいか

仕事しなくても


楽しんでます自分


を演じていたのか

料理は好きなので

昼過ぎに起きては

お菓子作りをしていた


おかんも

喜んで食べてくれていたので

いいかと

毎日いろいろ

お菓子作りをするので

ある日さすがに

食べる方が追いつかず

夕食が

ケーキバイキング状態になった



今思うと働かず何もせず

ひきこもりを

認めたくなかったから

お菓子作りに

逃げていたのかもしれない



私、前に

変なプライドは捨てちゃおう

という内容を

書いていたのに・・・


めっちゃ変なプライド持ちの私・・・

ひきこもり経験者は分かるだろうが

近所の人や知り合いに会いたくない


買い物などは

夕方に出るという

生活をするようになる



友達の誘いは

本当は全く行きたくない

(憂鬱である)が

ひきこもりになってる

とも言えず参加していた


半年に1回位だったが

今思うとありがたい


友達の誘いに参加出来れば

ひきこもりじゃないと

思うかもしれない



こもりびとさんの中にも

重度軽度があり

私はまだ

軽い方だったのかもしれない


自分の中では

長いトンネルからずーっと出られず

出口が探せない

分からない

何をすればよいかも分からない状態


ただ1日が過ぎるのを待つ日々

友達は

私がひきこもりって事

気づいてたかなぁ



そんな日が

3年以上経過し

さすがに

このままではダメだなと


何か

はっきりとしたきっかけがあったかは

思い出せないが

たまたま家の近くで

パートを募集していた

温室での花栽培

販売の仕事に就くことができた



働くのは3年以上ぶりだったが

意外にも普通に働けて

一緒に働くのは

主婦さんばかりだったが

みんないい人だった


私が

ひきこもり明けだった

なんて誰も知らないまま

そんなことも言わずに

シレっと楽しく働いていた



一緒に働く

スタッフさんはみんないい人だったが

社長は私にだけあいさつをしない

意味不明に

怒りをぶつけてくる人だった


ここでの収入は

実家暮らしだったから大丈夫だが

収入が不安定なため

3年働いて辞めた


この時は

もうひきこもりにはならない

あの生活には戻らないという

自信もあったので

あっさり未練なく辞めた



社長とは

うまくいかなかったが

ひきこもりから抜け出せたので

雇ってもらったことに

感謝しかない

しかも

私の好きな植物に囲まれての仕事と

良い仕事仲間と

社長のうちの番犬として飼われていた

人が大好きな柴犬と

一緒に働けたことは幸せだった



この後

事務職にパートで働くも

何か条件違うなと思い1年で辞めた


だが

この職場で

奇妙な縁を感じる人と出会った



その後は

派遣社員として働いた

条件も悪くなく

人間関係も良く

バランスのとれた職場だったが

どうしても

仕事に興味が持てず

このままでいいのか

曖昧なまま仕事を続けた


辞める1年位前から

師匠に

相談はしていたが

今後どうしたいのか

よく考えてとのこと



そりゃそうだ

世の中コロナで転職しても

無理だろうと思っていた



そこでもう一度

仕事を続ける気力が

なくなってしまったことを

師匠に伝えた


まさかの

辞めた方がいいとの答えだった


もうすぐ働いて

3年になろうとしている所で辞めた



師匠から

将来の展望が思い浮かばない

君にしか出来ない事は何か?

と質問された


恋愛も人間関係も乏しく

すべての事に

自信がなく仕事も続かない

そんな君にしか出来ない事はなんだ!


生まれ変わりたいんだよね?

と 

(もちろん!

でも、ボロクソ言われているが

本当の事過ぎて何も言えない・・・

泣けてきた)



今まで色々とやってきたことで

君に出来る事は

援助する側

支援する側になること

(私・・・???)


仕事もプライベートも両立し

自由で満足な生活を送ることが出来る


過去の辛い思い出や

経験が今の自分に力を与える


今のままでは

本来の力を

発揮出来ていないとのことだった



こうして

ブログを書くことになる


次回は

ひきこもりから抜け出す方法として

何かヒントになればと

思うことを書きます




本日も最後まで

ご愛読いただきありがとうございます



クリックしていただけると

ブログを書く励みになります!


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村




ご要望などは

お問い合わせフォームから

お願い致します

ゆるっとライフスタイル YOKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です